2018年1月15日月曜日

僕ならメキシコ市の書店ガンディーを選ぶ

今回もバスケスの話。

ヘンリー・ヒッチングズ編『この星の忘れられない本屋の話』浅尾敦則訳(ポプラ社、2017)にはフアン・ガブリエル・バスケス「ふたつの本屋の物語」(69-82ページ)という文章が載っている。バスケスはここで、ボゴタのふたつの書店のことを書いている。ラーナー書店とセントラル書店だ。

ラーナー書店は大型店で、作家になりたいとの思いを抱えてそこに通っていた「ノスタルジアをかきたててくれる店」として紹介される。「自分の出発点となった思い出の本屋」。法学部の学生でありながら、やはり自分の天職は文学であるとの自覚を得、いつか敬愛する作家マリオ・バルガス=リョサの隣に自分の本が並ぶことを夢見ていた、そういう場所。

セントラル書店はハンスとリリーのウンガー夫妻が経営する、父の代からツケで本を買っていた馴染みの本屋。彼はこれを実名で『密告者』に登場させた。「一九九五年の補遺」という第五章に相当する章だ。「ふたつの本屋の物語」ではその部分が引用されている。自己引用。こんな部分だ。

 本が出版されると、書店まで来てほしいというリリーからのメッセージが留守番電話に入っていた。他人行儀の、有無を言わせぬ調子の声で、たぶんサラ・グーターマンのことだろうと、私は思った。少なくとも、彼女から話を聞けずに終わってしまった、コロンビアの政治家がひた隠しにする反ユダヤ主義に関することにちがいない。なにしろハンス・ウンガーは、コロンビアにやってくるユダヤ人をできるだけ少なくするためにロペス・デ・メサが実施した禁止令の、最も直接的な被害者のひとりだったのだ(そのことは誰もが知っていた)。彼はインタビューだけではなく、常日頃から、彼の両親がドイツの強制収容所で亡くなったのは、彼自身が取得したようなコロンビアのビザが両親に発行されなかったせいだと公言していたのだ。ビザを取得したハンスが故国オーストリアからコロンビアに到着したのは一九三八年のことである。そういうわけで、約束の時間に赴くと、ハンスとリリーが私を待っていた。ふたりの横にはボゴタのドイツ人がよく待ち合わせ場所に利用している、がっしりとしたグレーのテーブルがあった。ふたりはこのテーブルと、ダイヤル式の電話、そしてタイプライター――レミントン・ランド製の、巨大スタジアムの模型のように大きくてずっしりしたやつ――を使って、本屋を営んでいた。メインの陳列キャビネットには、私の本が三冊飾ってあった。リリーはバーガンディ色のタートルネックのセーターといういでたちで、ハンスのほうはというと、ネクタイを締めて、スーツ・ジャケットの下にアーガイルのセーターを着込んでいた。(77)

これは英語に訳されて編まれたエッセイの中での引用。訳者の浅尾敦則が英語から訳した、言わば重訳だ。現在、日本語に訳されている『密告者』の当該箇所(411-412)と比較してみると、スペイン語や英語が読めずとも、翻訳というのがいかに人によって異なるのかが分かるのではあるまいか。『密告者』の服部綾乃・石川隆介訳は、独自に改行を設け、間接話法はほとんど用いず、引用符も分かりやすくつけることによって意識や発話と叙述とを書き分けて、実に懇切丁寧な訳だ。そのことの善し悪しは問わないが。ともかく、そんなわけで、この引用と比べると違いは鮮明だ。繰り返すが、善し悪しの問題ではなく、その差がとても興味深くはある。

さて、バスケスが『密告者』出版後はじめてセントラル書店を訪ねたところ、「リリー・ウンガーから、国を愛する気持になんら変わりはないと、文句を言われてしまった」のだそうだ。今ではハンスはコロンビア政府を非難してはいないのだと。「それに、実在の人物を何の許可も得ないでフィクションの中に登場させて、勝手なことを喋らせてもらっては困る、とも言われた」。そして極めつけは、こう言われたのだそうだ。「それにね、ハンスはアーガイルのセーターなんて、一度も着たことがないのよ」(78)と。


この話を先週土曜日の授業でするつもりだった僕は、アーガイルのセーターを着ていったのだが、なぜアーガイルを着ないことにこだわるのか、と大変活発に議論がなされたのだった。こうした細部へのこだわりというのは、意外に大切なことなのだ。

2018年1月9日火曜日

ある邂逅について

土曜日には立教大学のラテンアメリカ講座でフアン・ガブリエル・バスケス『密告者』服部綾乃、石川隆介訳(作品社、2017)を読んでいる。先日読んだところにガイタンの暗殺の話が出てきた。

コロンビア自由主義陣営のスターで、ゆくゆくは大統領になると目されていたホルヘ・エリエセル・ガイタンが暗殺されたのは1948年4月9日午後1時。これを機に暴動が起き、ボゴタには混乱が生じた。ボゴタ騒動あるいはボゴタソと呼ばれるものだ。バスケスの2015年の作品La forma de las ruinas は、このボゴタ騒動を扱っている。

残念ながら(恥ずかしながら)この最新作を僕は読むに至っていないので、代わりに、ガルシア=マルケスの自伝『生きて語り伝える』のボゴタ騒動についての記述をコピーして配布、比較した。

近くの「グラナダ薬局」Droguería Granadaというところに匿われていた犯人が、大群衆に引き出され、引きずられて大統領官邸前広場まで行った、とバスケスの小説には書いてある。そして語り手はそのときの写真を見たことがあると言う。

引っ張られていく犯人の遺体と、遺体のうしろに点々と打ち捨てられている犯人の衣服。俺はそれを見るたびに必ずと言っていいほど、蛇の脱皮のシーンを思い出してしまう。写真はピントが微妙にずれていて、犯人フアン・ロア・シエラの遺体も、単なる白っぽい塊、それもほとんどエクトプラズムのようなぼんやりした塊にしか見えない。ただし、エクトプラズムと違うのは、塊の真ん中あたりに黒っぽい染みのようなものがついていること。その染みのようなものとはもちろん、犯人の性器である。(381)

犯人を引きずるこのシーンをガルシア=マルケスは目の当たりにしたらしい。『生きて、語り伝える』ではその情景を克明に描いている。犯人が匿われた店の名は「ヌエバ・グラナダ薬局」Farmacia Nueva Granadaになっているが、このくらいの差は、一方がフィクションなのだから、特に気にならない。だが、ガルシア=マルケスは、この犯人の身体にはパンツと片方の靴、それにネクタイが残っていたと記しているのだ。そしてこのほとんど裸なのにネクタイだけが残っているという記述は、何らかの文学的効果をもたらしているような気がしてならない。自伝であると素直には語りたくなくなる瞬間である。

ところで、フィデル・カストロもこの日、ボゴタの犯行現場近くにいた。午後2時にはガイタンはフィデルと会う約束をしていたのだ。

フィデルは、しかし、この犯人が引きずられているシーンは目撃していないようである。少なくとも、本人の回想の中ではこのシーンは語られない。ガボとフィデルは近くにいながら、巡り会ってはいないようである。

ところで、ガルシア=マルケスはこの騒動の最中、弟と一緒に質屋に走り、タイプライターが無事かどうか確かめた。質屋は無事だったが、タイプはなくなっていた。

同じころ、フィデルはタイプライターを目にすることになる。

細かく覚えていることがあります。最初のころのことですが、小公園に着くと、どこからか奪ってきたらしいタイプライターを壊そうとしている一人の男の姿を認めました。タイプライターを壊していたのですが、怒り狂ったその男は、手でそのタイプを壊そうとして、おそろしく苦労していました。それで私は声をかけたのです。「きみ、貸してみなさい」と。私は彼の手助けをして、タイプを受け取ると高く投げ上げ、地面に落としました。その男の絶望した様子を見ている、ほかに考えが浮かばなかったのです。(『少年フィデル』177-178)

フィデルが壊したタイプこそが、ガボか安否を確かめ、失ったことを知ったタイプだ。

……と思う。そんな話を後年、二人がどこかでしていたように思ったのだが、今回、授業の前に探してみても見つからなかった。

したがって、というか、それ以前に、これら2つのタイプライターが同一のものなのかどうか、実際にはわからない。でも僕は、これは同一に違いないと思っている。そうであって欲しいと願っている。


フィデルとガボ。年の近い、仲のよかったこのふたりは、かくして、ごく若い頃、邂逅を果たした(ようなものである)。

2018年1月7日日曜日

友がみなわれより偉く見ゆる日よ

大学の教員、つまり研究者の重要な仕事のひとつに本を書くというものがある。今も何冊かの本の計画を抱え、書けない書けないと唸っているのが僕の現状である。

しかるに、同僚たちは実に生産的で次から次へと本やら翻訳やらを出すものだから困る。こちらの立つ瀬がないのだ。

最近僕を苦しめている(?)ひとりが阿部公彦さんである。ついこの間、

阿部公彦『名作をいじる――「らくがき式」で読む最初の1ページ』(立東舎、2017)

という本を出したかと思ったら、数カ月としないうちに

阿部公彦『史上最悪の英語政策――ウソだらけの「4技能」看板――』(ひつじ書房、2017)

なんてものを出した。困った困った。

僕は以前、阿部さんの『小説的思考のススメ』なんて本を随分と感心して読み、ブログにもそのことを書いたのだが、今回の『名作をいじる』はこの『小説的思考のススメ』のような精読への第一段階のインストラクションと捉えればいいだろうか? あるいは精読過程の開陳。

本に対する態度は、人によって、本によって目的によって違うだろうが、だいたい、次のように分類できるだろう。

1) 何も書かない、貼らない。2)付箋などを貼るが、何も書かない。 3)書きこみはするが、傍線(下線)やある種のマークだけ。 4)何らかのコメントも書きこむ。

まあ、書きこみをした上で付箋を貼る、貼らない、とか、線やマークを鉛筆で引くかペンで引くか、ペンは1色か多色か、などといくつも下位区分はできるだろうが、ともかく、こんな感じ。僕もこの4つのパターンを使い分けている。
(写真はある日の僕の書きこみ。ここでは赤の傍線のみ)
で、問題は4)だ。僕が書くコメントはいささか、機能的にすぎるような気がする。他の参照のほのめかしとか、章ごとのあらすじ、キーワード、等々。どうしても「いじる」のではなくまとめたり捌いたり、といった感じだろうか。ここは阿部先生のインストラクションにしたがって「いじる」タイプの書きこみを身につけたいところである。

後者は阿部さんご本人がここ数カ月、折に触れ、「4技能」入試の欺瞞についてツイッターでの連投などにより批判を展開していたのを拝読しており、その延長線上で思う存分、書いた本となれば、そりゃあ、読んでしまうじゃないか。「4技能」導入の話題が、背後に民間テスト導入の野心が隠れていること、導入決定のプロセスが「有識者会議」という怪しげな集団の会議で決められたことなどを指摘して痛快だ。有識者会議の議事録のおかしさを指摘する手並みは、さすがに「らくがき式」で読んでツッコミまくった結果なのだろう。

教育に関しては、誰もが口を出すに充分な資格がある「有識者」を自認してしまう(だって教育受けてきたんだもん)ところが厄介だ。英語に関しても、不思議と誰が口を出すに充分な資格がある「有識者」を自認してしまう(だって授業を受けてきたんだもん。しゃべれないけどさ)ところが厄介だ。英語教育だと二重に厄介な話になる。そんなところで果敢に戦っておられるのである、阿部先生は。あとがきには、このように書いておられる。
 今回の英語政策の変更過程を見渡してみて驚くのは、政策推進を声高に主張した方々が、信じられないほど古い固定観念にとらわれているということです。ご自分では改革派を自認しているつもりが、実は五〇年以上前から繰り返されてきた――とっくに賞味期限の過ぎた――「妄想」を再生産しておられる。そのため、有識者会議でも議論はほとんどかみ合わず、昔からあるイデオロギーが振りかざされただけでした。もう少し言葉について、あるいは教育や文化についてじっくり考えたことのある方の意見を聞きたいとつくづく思います。有識者会議がこの程度の「有識者」で構成されるというところに、日本の今の危機がもっともよくあらわれているのでしょう。もちろん、会議を組織した政治家の問題がもっても大きいのは言うまでもありません。(150)
本当に、教育に関してなど、古い考えを自慢げに開陳して恥じない人は多いよな。僕も時々思う。



……でもなあ、繰り返すが、もう少し前の著書と今度の著書の間は空いていると、僕としては助かるのだけどな。引け目を感じずにすむ。差し上げたりいただいたりの献本の不均衡が少しは是正される……

ま、僕ががんばればいいのだが……ええ。がんばりますとも。

2017年12月23日土曜日

肩が軽い

ジャン! 

これは何でしょう? 

肩当てだ。

何度も書いているが、Herz 鞄を愛用している。ソフトダレスリュック。前者も手持ち/ショルダー/リュックの3仕様になっている。とても気に入っている。

唯一難点があるとすれば、ストラップが細いことだ。細いと肩に食い込んで痛い。

で、この肩当てを取り寄せた次第。

こうして負荷を分散したリュックをからげ、こんなものを

買いに行き、途中、


こんな光景を撮ったりしていたのだった。

2017年12月18日月曜日

大変なことになっている

いろいろな意味で大変なことになっていた。月が改まってここまでブログを更新せずに放置していたのは初のことではあるまいか。

16日(土)にはボラーニョ・コレクション完結を記念したトークイベントに行ってきた。これはまた数日後に移転する下北沢B&Bの、今の店舗で僕が見る最後のイベントでもある。野谷文昭、久野量一、松本健二の三氏が自分の好きなボラーニョ作品のことなどを話していた。

打ち上げに加えていただき、二次会、三次会で2時まで飲んでいた。やれやれ。

会場にいらしていた柴崎友香さんから『千の扉』(中央公論新社)をご恵贈たまわった。

17日(日)には「はじめての海外文学スペシャル」に参加してきた。ある書店員の方たちが3年前に立ち上げた企画で、翻訳者たちが好きな作品を推薦、協賛する書店が一斉にそれらの本のフェアをかける。越前敏弥さんが中心になって、その記念イヴェントを去年からやっている。去年も参加したのだが、今年も。3分間でカルヴィーノ『まっぷたつの子爵』(河島英昭訳、岩波文庫)を紹介してきた。


最初、何やら違和感を感じた。いつも映画を、とりわけ『スター・ウォーズ』シリーズを見る時とは異なる手ごたえ……

そういえば字幕が出ていない……

! 

吹き替え版! 

びっくりした。DVDソフトなどでは字幕版と吹き替え版があるのは知っていたが、一般劇場でもそんなふうに上映し分けているなんて、知らなかった。そうか、「通常版」と書いてあったのは「字幕版」ではないということなのか。これが通常ということなのか! 

予習のために先日の、TVで放送されたエピソード7「フォースの覚醒」を(TVでは通常の)吹き替え版で見ていたので、気づくのが遅れてしまった。僕は俳優の声も含めてその人の演技力だと思っているので、できれば吹き替えでは観たくなかったのだが……まあいいや。幸い、僕は日本語も理解できる……英語よりよほど理解できる……これも100%というわけにはいかないが。どうせ、何度も見ることになるのだし。ちなみに、「ライトセイバー」は「光の剣」、「ジェダイの騎士団」は「ジェダイ・オーダー」と発音されていた。


エピソード5「帝国の逆襲」とパラレルをなすように、今回はルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)とレイ(デイジー・リドリー)の師弟関係が主。ただし、ルークはヨーダのような悟りを開いた師ではなく、ジェダイなど滅びるべきだと思っているらしい。そうした拗ねた心持ちがカイロ・レンすなわちベン・ソロ(アダム・ドライヴァー)誕生のきっかけに繫がっている。

2017年11月24日金曜日

野球とボクシングとミスコン。それがベネズエラの三大スペクタクル

昨日、23日(木・祝)は東大の駒場キャンパスで「ラテンシネクラブ第1回上映会&トーク」というのを見に行った。教養学部の石橋純さんが主催する会だ。彼が主宰するそうした組織があるわけでなく、うまく行けば第2回、3回と続くこともあるかもしれない、という程度の見通し。

ラテンアメリカ学会でも上映した作品ではあるが、パブロ・モジャーノ『沈黙は破られた』(アルゼンチン)エリオ・イシイ『誰か家にいますか?』(ブラジル)フアン=アンドレス・ベージョ『民衆のミス・ベネズエラ』(ベネズエラ)の3本のドキュメンタリーの上映と、上映後のトーク、それに加えて、最後の1本の前と後には石橋さんの指導するエストゥディアンティーナ・コマバの演奏までついていた。

『沈黙は破られた』は1976年からの軍政によって弾圧されたいわゆるDesaparecidosの中にいた16人の日系人の家族を追ったもの。『誰か家にいますか?』は2000年以後の経済成長で没落することになったサン・パウロの中流の人々を扱ったもの。『民衆のミス・ベネズエラ』は1944年のセリエ・カリベというか、アマチュア世界選手権(カリブの)を開催するに際し、そのイヴェントのためのマスコットというのか、ミスを選ぶことになった、それがベネズエラ初の無記名普通選挙だったのである、という話。どれも面白い映画だった。

あるところで買い物して、その荷物が今日、届いたのだが、そこに梱包されていたおまけが、これ。

スタジャン型貯金箱。「あるところ」というのがどこなのか、これでは匿名にする意味もない。


お金、溜まるかな?

2017年11月20日月曜日

人はみな詩人を目指す

アレハンドロ・ホドロフスキー『エンドレス・ポエトリー』(フランス、チリ、日本、2016)

『リアリティのダンス』(チリ、フランス、2013)の続篇とも言うべき自伝的作品。


トコピージャを後にするホドロフスキー親子のうち母親のサラ(パメラ・フローレス)が台詞を歌い、あからさまな書き割りを伴う船旅とサンティアーゴの街の様子が映し出された、そこはもうホドロフスキーの世界だ。

医者になれと強要する父親ハイメ(ブロンティス・ホドロフスキー)に反発して家を出たアレハンドロ(イェレミアス・ハースコビッツ→アダン・ホドロフスキー)は詩人になろうとし、ニカノール・パラの「ヘビ女」に想を与えた女ステラ(パメラ・フローレス)に出会い、パラ本人(フェリペ・リーオス)に出会い、エンリケ・リン(レアンドロ・タープ)に出会い……と詩人として自己成形していく。

ロベルト・ボラーニョの短篇に「ダンス・カード」というのがある。ボラーニョの分身とおぼしき人物が知り合った詩人たち芸術家たちとの思い出を綴ったものだ。それのホドロフスキー版、とでも言えばいいだろうか?

実際、ボラーニョを知った今となっては、ホドロフスキーの世界が実によくわかる。アレハンドロとエンリケが道をまっすぐ進むと決めてトラックの上に登り、見知らぬ他人の家を突っ切って行くというシークエンスがある。そしてまた、ふたりがどこかの講堂で立派な詩人として紹介されながら悪態に満ちた詩文を読み、肉と卵を聴衆に投げつけるシーン。ああいったことを、おそらく、ボラーニョはメキシコで仲間たちとやっていたのだ。『野生の探偵たち』のウリセス・リマのモデルとなったカルロス・サンティアーゴは目をつむって横断歩道を渡るという奇癖を持ち、そのため二度、交通事故に遭い、二度目に死んだのだった。

その破壊的行動を伴うロマンティックなまでの詩への憧憬をボラーニョとホドロフスキーは分け合っているのだ。

ホドロフスキー=ボラーニョ+サーカス+カーニヴァル

といったところだろうか。この自伝シリーズは三部作を考えていて、次回作でパリを経由してメキシコに到達するというのだが、そこにはきっと若きボラーニョも顔を出すに違いない。


ところで、ホドロフスキーにはやはり強烈なエディプス・コンプレックスのようなものがあるはずで、この作品でも父親のくびきから逃れる自分を描いているのだが、そのアレハンドロが息子のブロンティスやアダンを動員し、彼らを裸にしたり髪を剃らせたりして、エディプス的な意味合いではないかもしれないものの父親の存在感と影とをこれ見よがしに彼ら息子たちに落としているのは皮肉なものだとも思うのである。
写真はイメージ。先日の「ディエゴ・リベラの時代」展の図録が届いた!


2017年11月15日水曜日

ゆったりとした週

東大が採っている複雑な仕組みのカレンダーのおかげで、今週は東大の授業はない。他大はあるが。そしてまた、土曜日の立教の授業もない。入試の日だからだ。つまり今週は、比較的ゆったりした週だ。

昨日、14日(火)にはコロンビアの作家エクトル・アバッド=ファシオリンセの講演を聴きにセルバンテス文化センターに行ってきた。当初の予定になかったことだが、彼の講演の前に、娘が撮ったドキュメンタリーが上映された。僕は知らずに行って、最後の10分くらいだけ見た。アバッドは1987年、父親を殺され、亡命のようにしてコロンビアを去る。その経緯を彼のおそらく一番知られている小説 El olvido que seremos に綴っているわけだが、映画はその辺りの事情を当時のフッテージなど交えながら作ったものだった。

今日届いた荷物はこれ。


ラッセル・ホッブズのヤカン。注ぎ口が細く、コーヒーを淹れるのに向いている。

2017年11月11日土曜日

デートの記録、あるいは『野生の探偵たち』ファンへのお薦め

昨日、10日(金)、午前中の授業を終え、夜、とある女性と新開拓のレストランで食事をする約束をしていたのだが、どうせならと、昼間のうちから会って行ってきたのだ。


リベラの壁画を持ってこられるはずもなく、リベラのもの自体は少ないですから、期待しないでくださいね、と関係者に言い含められていたし、そもそも壁画をあらぬ期待を込めて所望していたわけでもないので、まあ、「の時代」を楽しむのだと、そういうつもりで出かけて行った北浦和。

埼玉県立近代美術館は入り口にフェルナンド・ボテーロの彫刻をでんと据えた素晴らしい美術館なのだ。埼玉県がメキシコ州と姉妹提携を結んでいることもあり、美術館の広報誌はその名もZócaloだったりする。

さて、リベラの壁画は、もちろん、さすがになかったけれども(映像とスライド投影、それにティナ・モドッティらによる壁画写真数点があった)、若き日のリベラ、そしてパリでキュビスムに転じる前後のリベラ、成熟後の非・壁画作品もあって、なかなかの充実ぶりだった。

そして、肝心の「の時代」。これがまた素晴らしい。特筆したいのは、マヌエル・マプレス=アルセのエストリデンティスモやその後の雑誌『同時代人』にいたるまでの前衛詩のグループとアーティストたちの緊密な繋がりを押さえ、当時の雑誌や、30-30というグループのマニフェストを掲げたポスターなどは見ていて飽きなかった。2時間ばかり滞在して、閉館間際の退出だった。

マプレス=アルセらはボラーニョ『野生の探偵たち』で頻繁に言及されたり登場したりする。その人たちの前衛詩がアートと密接に関連していることを示しくれるものだ。

本来の目的として夜に行ったのは、上野のバスク料理店サルデスカ


ある人が気になるとツイートしていたのを見たその日、別のある方からデートのお誘いが来たので、行っちゃえ、と提案したもの。いささか裏切り者の気分。カウンターと小さなテーブルがひとつあるだけの、スナックを居抜きした、ひとりで切り盛りしている店。食事のメニューはすべて日替わりらしい。どれも非常に美味であった。

2017年11月5日日曜日

センに線を引く

一昨日のエントリーでは写真に映った3冊のうち橋爪大三郎の著書のみを話題にした。が、その奥にはアマルティア・セン『アマルティア・セン講義 グローバリゼーションと人間の安全保障』加藤幹雄訳(ちくま学芸文庫、2017)などがあったのだった。

橋爪のアドバイスを受け入れ、センの著作を読む際、傍線を定規で引いてみた。

うーむ。果たして手書きより早く引けたかどうかは、不明。しかし、手書きよりはるかに美しく引けたことは間違いない。僕の読書の痕跡としては比類なく整然としている。

そしてまた、定規を栞の代わりに本に挟んで持ち歩くというのもひとつの手なのかもしれないとも思う。

『グローバリゼーションと人間の安全保障』はセンが来日して行った石橋記念講演の記録(第一・二章 「グローバリゼーション」「人間の安全保障」)と、それを機に東大からの第一号の名誉博士号を受賞したときの講演(第三章 「文明は衝突するのか?」)、それにセン自身が選定した独立論文(第四章 「東洋と西洋」)から成る。

グローバリゼーションを歴史上恒常的に見られてきた統合への動きとして捉えるところなどは、アルフォンソ・レイェスの「ポリスのアテナ」と並べて論じたくなるし、数学の概念の伝達と変化を叙述した箇所などは翻訳論の文脈にも入れてみたい。センの教養と洞察が光るところ。

「人間の安全保障」という概念が小渕恵三の提唱したものであることなどは、日本での講演であるという性質から来るものだろうが、それにしても、すてきなことを知らしめてくれるじゃないか。小渕は「人間は生存を脅かされたり尊厳を冒されることなく創造的な生活を営むべき存在であると信じ」、「人間の安全保障」という概念を提示したそうだ。


人間の尊厳など、友だちでない者のそれなら冒し放題な小渕の後輩(つまり、現首相のことだが)に聞かせてやりたいじゃないか。

そして、もっと、もっと切実に聞かせてやりたいのが、次の断定。

 経済発展の要素の一部とみなされる基本的自由を拡大するには、さまざまな制度とそのような諸制度による保護とが必要です。民主主義的な経済運営、市民の権利、基本的人権、自由で開放されたメディア、基本的教育と健康管理を提供する施設、経済的セーフティ・ネット、そしてこれまでおろそかにされてきて最近ようやく注意が払われるようになった女性の自由と権利を保護する諸制度などが必要なのです。(57)

どれも今の日本でないがしろにされているものばかりじゃないか。